ホーム » ごあいさつ » ご挨拶

 
 

ご挨拶

 

2018-2019年度
東京江東ロータリークラブ 会長
青木 一男

 

歴史と伝統ある東京江東ロータリークラブ第57期目の会長になりました。 光栄なことと思い、一生懸命に務めさせて頂きます。
今期のテーマは「親睦から始まる」です。 因みに布能由雄初代会長(1962-63年度)のテーマは「親睦は出席から」でした。
ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むこと にある。具体的には、下記項目を奨励しております。

 
第1 :知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 :職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるもとと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なもととすること

第3: ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 :奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的なネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

「親睦(Fellowships)」を通じて、「友情(Friendships)」が生まれ、「サービス(Services:奉 仕)」の心を持ったインティグリティ(integrity)な職業人を育てるところが、ロータリーク ラブだと先輩から教わってきました。
特に我が東京江東ロータリークラブは「親睦の江東」という伝統があります。 また、ロータリーでは、創設者ポール・ハリスの言葉、「寛容(Toleration)」を大切にしています。

「タスキ」を58期会長に無事につなげるように、「完走」したいと思います。 何卒よろしくお願い申し上げます。